ホーム > 海洋供養

海洋供養

海洋での供養、海洋葬って

海洋葬とは遺骨を土や箱に収めることなく海に撒いて供養することをいいます。遺骨は粉状に粉骨して海に散骨(遺骨を撒くこと)します。

海洋での供養は自然へと還ることが主にテーマとなります。なので海洋葬は宗教や形式にとらわれず、思い思いのスタイルで故人との最後のお別れをとりおこなうことができます。散骨後も海を見ることで故人を思い出し供養することができます。

◇海洋散骨には多彩なプランがあり、散骨場所を希望したり代理で散骨を頼むこともできます。

特に海・自然への回帰を望む方、お墓の維持管理の負担をかけたくない方、事情があってお墓を持てない・入れないといった方から多くお問い合わせいただいております。

海に撒かれた遺骨は自然の一部となるので、撒いた遺骨は手元に戻ることはありません。またクルージングは天候に左右されてしまい思い通りの日程で実施できない場合もあります。

◇献花の代わりにご遺骨と一緒に花びらを撒きます。他にも故人にまつわるものがあれば相談してみるのが良いでしょう。

散骨という行為

実は「散骨」という行為は、よくあるお墓に「埋葬」するという行為とは異なり法律で明確な規定がされていません。
ただ散骨という行為自体がやってはいけない行為というわけではなくルールとマナーを守り行うことが重要です。
散骨する際は遺骨を粉状にしなければいけませんし、海だからと言って海水浴場に撒いてはいけません。
海洋葬は自由なスタイルで行うことができますがルールとマナーを守って行うか業者さんに頼む場合はその業者さんが信用できるかどうか見極めるようにしましょう。

樹木葬とあわせて?

最近、樹木葬と海洋葬の両方で供養しようという方がよく見受けられるようになってきました。

供養される本人は海への回帰を実現しつつ、残された人たちは供養した樹木へお墓参りにいけることができます。両方のいいとこどりが可能でかつ安価で済むことから樹木葬と海洋葬の併用はこれからますます増えていくでしょう。

相談・お問い合わせはこちら
お電話はこちら 045-719-5455 受付時間 9:00〜18:00 FAX 045-853-1413
メールでのお問い合わせ 24時間受付
電話する
お問い合わせ