遺骨の埋葬

主な遺骨の処遇
埋葬・納骨・散骨・手元供養
の4つを説明します。

埋葬

個々のお墓の中・地中に遺骨を骨壺に入れて安置することです。
遺骨の行き先として現状最も想像しやすいのではないでしょうか。

また樹木葬などの合祀墓の場合、骨壺に入れずダイレクトに土の中へ埋めます。
これも埋葬です。

同じ「埋葬」でも
骨壺に入れて安置している遺骨は他の場所に移動したりできますが、地中にそのまま埋めた遺骨は取り出せません。注意しましょう。

納骨

最近注目されているレンタルお墓、都市内のハイテクな設備で話題になったりする室内納骨堂に遺骨を預けるのが納骨です。
寺院や霊園などの「骨」を「納」める部屋に置くので納骨、遺骨を一時的に預かってもらうイメージです。預かってもらっている間はそこで故人を拝んだりできます。

納骨の期限はあらかじめ決めておいて、期限後は合祀墓等に埋葬(上記)されるのが主流です。

散骨

海洋葬などで遺骨を海に撒いたりするのが散骨です。
許可・手続き無しに散骨はできません。
死んだら自然に還りたいと望むかたにおすすめの方法です。

手元供養

自宅で遺骨を保管するのが手元供養です。骨壺に入れるのはもちろん、ペンダントやダイヤモンドにして持ち歩いたりすることもあります。

基礎知識一覧に戻る

お電話はこちら 045-719-5455 受付時間 9:00〜18:00 FAX 045-853-1413
メールでのお問い合わせ 24時間受付
電話する
お問い合わせ