ホーム > Q&A

Q&A

よくあるご質問

お墓のQ&A

A.
必要だと思います。
お墓は亡くなった人の遺骨を安置する場所でありますが、それ以外にも人それぞれの故人への想いを表すものです。日本人の多くが信仰する仏教においては先祖供養のために塔を建立することで追悼の想いを表します。また日本人は古来より先祖や遺骨を大切にしてきた風習があり、お墓参りをする習慣があります。現代ではお墓の形は多様化してきましたが、故人の遺骨を安置しお参りする気持ちは現代でも変わりません。

A.
同じような思いの方は多いと思います。お墓は代々継承するものと多くの方は考えているからでしょう。
しかし、最近ではレンタルお墓と呼ばれるお墓の使用期間を任意で選択して契約でき、契約期間満了後は合祀埋葬してくれるお墓もあります。お墓の跡継ぎがいない方、不安な方でも安心してお墓を持てる時代です。

A.
お寺のお墓は仏教宗派の教えを信仰している方(檀家)が埋葬する施設で、また仏教宗派の教えを学びながらご供養をする教育的な施設でもあります。霊園のお墓は宗教に関係なく遺骨を埋葬する専用の施設です。

A.
最近はネットで何でも検索して比較できる時代ですので数社見積もりをとってみるとよいと思います。しかし、お墓は一概に比較できない点が多いです。建立する立地や墓石のデザイン、石の種類によりかなりの幅があります。自分たちに必要なお墓(デザイン・予算等)をよく聞いてくれて、それを形にしてくれる業者を選ぶことが大事でしょう。

A.
お寺のお墓は仏教宗派の教えを信仰している方(檀家)が埋葬する施設で、また仏教宗派の教えを学びながらご供養をする教育的な施設でもあります。霊園のお墓は宗教に関係なく遺骨を埋葬する専用の施設です。

A.
お気軽にご相談ください。当NPO法人では墓地や墓石の選ぶ際のお悩み相談も受け付けております。

A.
入りたくないのは、現実的に入れるのに何かの理由があり入りたくないのでしょうか? 入りたくない理由が明確なのであればお寺さんに率直に意思を伝えられるとよいと思います。知識や考え不足で入りたくない場合もあります、ご先祖を長く供養してきた地を誤った判断で離れることは後で後悔することもあるかもしれません。

A.
請求金額には根拠や理由があるはずです。理由をよく説明を受けることから始めてはいかがでしょうか?その説明が受け入れられないものであれば、法律に準じて交渉を進めることもできます。

A.
契約は法律に準じた商行為です。契約約款に準じた対応をしてください。

A.
現在の法律では墓地を経営できる法人は宗教法人や財団法人などの墓地経営の永続性が担保できるもののみになっています。児童養護団体では墓地経営の許可を受けることは困難ですので、既に墓地経営の許可を得た法人に団体として墓地を使用する契約を結ぶことになります。

A.
ご相談になることは可能です。最近では独身の方でもお墓を求めることができる墓苑もありますので色々お考えになってみてください。

A.
ご主人と同じお墓に入りたくない場合は、ご主人のお墓をどう管理するのか?だれが管理するのか?に加えて自分だけのお墓を以降だれが管理するのか?もお考えください。

A.
婚姻関係が無くてもお墓をいっしょに求めることができる墓地もあります。 しかし、そのお墓をだれが維持管理していくのかよくお考えの上選択することが大切です。

A.
子供が亡くなった際に埋葬するお墓をご両親が準備する場合、ご両親もいずれ同じ墓地に眠ることを想定されているのでしょうか?その場合、そのお墓を以後だれが維持管理するのかをよく考える必要があります。現代ではお墓の後継者がいなくてもお墓を契約できるタイプの墓苑もあります。

A.
独身の方でも求めることができるお墓も現代では増えています。
生前に自分が入るお墓を選ぶことは、のちの人生をより良いものにするとこができるかもしれません。生前にお墓を求めることは古来より「寿陵」と呼ばれ、とてもおめでたいこととされています。

A.
可能です。郷里のお墓を移動することを「改葬(かいそう)」と呼びます。 改葬は郷里のお墓を管理する役所に改葬許可申請を行い、許可が出た場合初めて可能になります。専門的な知識が必要な場合もありますので十分に勉強をした後に実施されることをお勧めします。

A.
遺骨を一度埋葬した墓地から移動する際には役所に「改葬許可申請」を行う必要があります。
改葬は現在の墓地から他所の墓地に移転するための手続きのため、改葬先をご自宅にすることはできないようです。

A.
飛行機内に遺骨を持ち込むことは可能なようですが、サイズや外観仕様等の制限が各運航業者の規則に準してください

A.
お墓は祭祀財産とみなされ、生前にお墓を購入する場合はその費用は相続税の対象にはなりません。生前に墓地を契約した名義人が亡くなった場合、その承継者は課税されずに墓地の権利を承継できます。子供のために子供名義の購入するお墓の場合は贈与とみなされ、課税される場合があります。

A.
孫名義のお墓を購入する場合は贈与にあたる可能性があります。

A.
夫婦で別のお墓に入ることは可能です。しかし、そのお墓を以後だれが維持管理していくのかだけはよくお話の上ご決断ください。

A.
現代では未婚の方でもお墓を契約できる墓苑もあります。以後の管理や維持管理の不安がない契約形態の墓苑であれば可能です。

遺骨のQ&A

A.
埋葬していない遺骨・遺灰をご自宅で保管することは法律上全く問題ありません。

A.
納骨済みの遺骨を取り出す際には「改葬許可申請」という行政手続きが必要です。改葬許可申請はお墓からお墓に移転するための手続きなので移転先を墓地以外にすることはできません。

A.
可能です。
しかし相続財産を期待しないことと、遺骨を埋葬する墓地の費用を負担するお考えがあることが前提になるでしょう。

A.
可能です。
遺骨を埋葬する施設の管理者に分骨証明書を発行してもらってください。

A.
良いとも悪いとも言えないのが実情です。国の散骨への見解は「節度をもって実施することが望ましい」とされています。節度をもってとは「遺骨と判別されない形状にする」等色々な解釈がありますが現在はまだ法整備がされていない状況である点は考慮して行うべきでしょう。お住いの市町村により禁止条例がある場合もありますのでご注意ください。

A.
現行法ではよいとも悪いとも言えないグレーゾーンです。周囲環境に考慮し、お住いの市町村に照会の上実施されることをお勧めします。

A.
法律上は全く問題がありません。
しかし心情的に大切な方の遺骨がずっとそばにあることで毎日悲しみ苦しむことは精神衛生上良くありません。墓地に埋葬をすることで気持ちが整理でき、前向きに生きることができたとの声も多いです。

A.
可能です。
しかし遺骨を埋葬した墓地の管理者に分骨証明書を発行してもらう必要があります。

A.
可能です。
しかし遺骨を埋葬した墓地の管理者に分骨証明書を発行してもらう必要があります。

A.
一度埋葬した遺骨を取り出す際には、「改葬許可申請」という行政手続きが必要です。 改葬許可申請はお墓からお墓に移転する手続きなので遺骨を自宅に保管することができる手続きではありません。

A.
分骨という手段があります。
遺骨を埋葬した墓地管理者に分骨証明書を発行してもらい、遺骨の一部を他所に埋葬することは可能です。

A.墓地に遺骨を埋葬する場合は、事前に、墓地管理者に届けが必要です。

 

初めて遺骨を埋葬する場合は、「火(埋)葬許可書」の提出が、他の墓地から遺骨を改葬する場合は「改葬許可証」の提出が、それぞれ必要です。

埋葬する日が決まったら、墓地管理者に届け出てください。

なお、市営の霊園及び墓地をご利用の場合は、上記の書類のほかに、「墓園使用許可証」が必要です。

A.
分骨手続きが必要です。遺骨を埋葬した墓地管理者に分骨証明書を発行してもらうことで他所に分骨埋葬することができます。

A.
粉骨とは遺骨を粉状に処理することです。粉骨は法律上手続きがありません。

A.
現在埋葬されている墓地を管轄する役所に改葬許可申請を行うことで可能になります。

A.
遺骨を預かってくれる施設はお寺か納骨堂の許可を受けた施設になります。

A.
遺骨を勝手に散骨すると死体等遺棄罪(刑法190条)の法律違反となり処罰されます。遺骨を散骨する場合は国の指針のように「節度を持って実施することが望ましい」という状態にすることをお勧めします。

A.
遺骨はゆうパックで送付できます。

A.
遺骨を埋葬するための墓地を契約して埋葬してください。許可がない土地等への埋葬は法律違反で罰せられます。

A.
遺骨を持っているだけでは犯罪になりません。ただし火葬した際の証明書「火葬証明書」を必ず携帯してください。

供養のQ&A

A.
故人を偲び、追悼の気持ちを表す行為することです。故人を思い出すことや手を合わせること、お墓参りをすることなどです。

A.
永代にわたり供養をしてくれる契約を結んだ墓地のことです。 概して後継者がいない方などが寺院にお墓の管理と供養を委託契約したお墓です。

A.
分骨した遺骨を小さな仏具に収めて身に着けたり、自宅に飾って供養する様式を呼びます。

A.
石ではなく、樹木を墓標替わりとし樹木の下に遺骨を埋葬するタイプのお墓です。

A.
いいえ。依頼すれば自宅でも供養をしてくれることもあります。

A.
いいえ。親族以外の人を供養することも自由です。亡きペット、戦没者など慰霊することも一般的で問題はありません。

A.
供養はどこでも行えるものです。最近では故人の遺骨の一部をペンダントにして供養するなど様式も多様化しています。

A.
遺骨をなくすことはとても心が痛みますね。苦しみや後悔で、自分自身で耐えきれないような心情になった場合はご縁があるお寺や教会、神社などの宗教施設ご相談されるとよいでしょう。

A.
最近ではビル型の墓地や海洋葬、樹木葬が広まっています。 従来型の墓地でもレンタルお墓のように使用期間を選んで契約できるお墓も登場してきました。

A.
法定相続人や親類縁者がいる場合はその者が遺骨を管理することになります。 一切いない場合は自治体が合祀墓等に埋葬することになるでしょう。

A.
お寺に檀家制度がある場合は、基本的にそのお寺の檀家以外は法事や法要を受付してくれません。ただしご供養を強く希望すれば檀家でなくても供養をしてくれる場合もあるようですのでお願いしてみてはいかがでしょうか?

A.
市町村の公営霊園や宗教法人や財団法人が運営する民間霊園では宗教に関係なくお墓を持つことができます。その墓地内で供養を依頼することは可能です。

A.
遺骨が無くても故人を供養することはできますが遺骨への想いが強い方は後悔の念は消えることは無いでしょう。その際はご縁があり寺院や教会、神社等に相談されてはいかがでしょうか?

Load More

お電話はこちら 045-719-5455 受付時間 9:00〜18:00 FAX 045-853-1413
メールでのお問い合わせ 24時間受付
電話する
お問い合わせ