寺院墓地と霊園のメリット・デメリットとは

お墓は故人を埋葬し、ご供養するための場所です。

そのため、幼い頃から馴染み深い場所として感じられる方が多いのではないでしょうか。

伝統的なしきたりを重んじる日本人にとって「お墓を持つこと」は大きな意味をもっていました。

皆様はお墓をお持ちですか?

お墓を受け継いでいくためには、跡取りが必要なことに加え、お墓を維持していくための費用を工面出来ることが最低限必要となります。

更にお墓を維持するためには、時に修理が必要になる可能性もあります。

これには、天災や老朽化等様々な要因が考えられます。

これからの時代は、従来通り墓地や霊園にお墓を建てる方と、お墓を建てることに重きを置かず、期間を決めてお墓を借りる、レンタルお墓の二極化の時代になっていくのではないかと予想されています。

このようにお墓の在り方は徐々に多様化し、変化しつつあります。

本日はお墓を建てる際に生じるメリット・デメリットに焦点をあててお話していきたいと思います。

お墓を建てるとしたらどこに建てるのがベストなのか。

これからお墓を建てようとお考えの方にとって、お墓は人生において大きな買い物となりますので、場所選び等も含め下調べは慎重に行いましょう。

お墓は大きく分けて、寺院墓地と霊園の2つが挙げられます。

寺院墓地は、墓地とはお寺の境内地にあるものを指し、お寺の敷地内でない所にお墓がある場所を霊園と言います。

霊園は公営霊園と民営霊園に分けられます。

寺院墓地と霊園の大きな違いは、檀家制度があるか・ないかにあります。

寺院墓地は檀家になることを求められます。

そして、寺院墓地とは逆に霊園は檀家になることを求められません。

ここでいう檀家とは何をさすのでしょうか。

檀家制度について簡単にご説明しますと、檀家とは1つの寺院に属し、主にお寺にお布施をお渡しすることによって、属しているお寺の財政を支えることをさします。

それでは檀家になるメリットとは一体何なのでしょうか。

まず、檀家になることによって、属しているお寺からご先祖様のご供養を手厚く行って頂けると同時に、お墓の管理もして頂けるというメリットがあります。

先のお墓の管理とは、主にお墓周りのお掃除のことで、こちらがお墓参りの際に、お墓にお供えしたお花が枯れるタイミングを見計らって処理を行ったり、お墓が雑草で荒れ果てるのを防ぐ等、細やかなお手入れをして頂けるのが特徴です。

加えて、檀家はお盆などの繁忙期でも優先してご対応して頂ける可能性が高いです。

ここでいう優先とは、お盆やお彼岸に行われる法要のことを指します。

また、法要を行う際に疑問や不安に感じたこと等も、比較的住職の方に相談しやすい環境で

あるため、手厚いご供養をしていただけたと感じることも多いかと思います。

寺院墓地のメリットは、檀家になることによってご供養が手厚く、お墓の管理もして頂けるとなると、ご供養されるご家族の方も、ご先祖様を大切にしているといった気持ちを強く感じられ、先祖代々お墓を受け継いで来られた方、また今後もそのような予定である方においては、檀家制度はメリットを多く含んだ制度なのかもしれません。

ですが檀家になることでデメリットもあります。

まず、檀家になるには費用がかかります。

ここで注意が必要なのが、檀家を辞める際にも費用がかかるという点です。

檀家になる際は、檀家を辞める際に必要な離壇料のことも含めて相談するのがトラブルを避けるキーポイントになります。

基本的にお寺は檀家からのお布施等で運営しているため、お布施の他に寄付を求められる可能性も全くないわけではありません。

寄付は強制ではありませんが、人によっては断れず、寄付をして思わぬ経済的負担になってしまう可能性があります。

また、寺院でいざお墓を建てるとなった際、墓石の形状や大きさ・デザイン等が寺院で決められている場合が多く、選択肢の少なさもあげられます。

更に檀家になるには宗派も重視されるため、仏教以外の信徒だと檀家になれないというケースもあるようです。

寺院墓地にはこのようなメリット・デメリットがあります。

次に霊園について述べて行きたいと思います。

寺院墓地と霊園の一番の違いは、霊園には檀家制度が設けられていないというところでしょうか。

冒頭でお話させていただいたように、霊園には公営霊園と民営霊園の2種類があります。

民営霊園は公益法人、宗教法人などが運営する霊園で、公営霊園は都道府県・市町村などの自治体が運営する霊園です。

霊園の中でも、民営霊園と公営霊園ではメリット・デメリットに少し違いがあります。

まず、民営霊園のメリットとしては宗派・国籍不問のところが多く、送迎バスや駐車場、その他施設サービスが充実している等が挙げられます。

加えて、区画面積や墓石の形・デザインを自由に選べる等、比較的選択肢の幅が広い点も民営霊園の特徴です。

民営霊園のデメリットをあげるとすれば、寺院墓地と比較した際、永代使用料(土地を永代に渡り使用し取得するための料金)や管理費が高い場合が多いところが難といったところでしょうか。

次に公営霊園のメリットについてですが、ほとんどの公営霊園で宗教や国籍の制約がなく、永代使用料・管理費が寺院墓地や民間霊園と比べると安い場合が多い等が挙げられます。

ですが、その分公営霊園を希望される方も多く、応募が殺到して購入そのものが難しい場合や、霊園によっては生前購入ができなかったりする等のデメリットが生じます。

更に公営霊園は民営墓地とは違い、区画や墓石の形・デザインが制限される場合があります。

ここまで、寺院墓地・霊園(民営・公営)のメリット・デメリットについてお話させていただきましたが、お墓選びは難易度の高い買い物のように感じます。

現代社会で現代の社会では、口コミやインターネット等、たくさんのところから情報を得ることが出来ます。

手始めに情報収集によってお墓の知識を深めることと、ご利用者様が一番重視することは何かを定めておくことがお墓選びの決め手となりそうですね。


投稿日:
お電話はこちら 045-719-5455 受付時間 9:00〜18:00 FAX 045-853-1413
メールでのお問い合わせ 24時間受付
電話する
お問い合わせ