お墓は本当に必要なもの?

こんにちは。

日本には、先祖代々から後世へ継承させていくお墓とお墓参りで先祖に感謝の意や近況報告をするお彼岸という文化がありますね。

近年では家族が集まる良い機会にもなっているのがお彼岸です。

ご先祖様を敬ったり、日々感謝することに対して、違和感や疑問を感じることはそう多くはないのではないでしょうか。

日本人は定期的にお墓参りに行く習慣があります。

お墓参りは、日本人にとって馴染み深い行事の1つでしょう。

お墓を生前購入し、先祖代々から後世へ継承させていくことは日本の古くからのしきたりとして根付いていました。

ですので、ご先祖様を敬ったり、日々感謝することに対して、違和感や疑問を感じることはそう多くはないのではないでしょうか。

ですが、ここ30年間あまりで日本のお墓に対する考えは劇的に変化をとげてきています。

まず、その背景には、少子高齢化や未婚化の増加が挙げられます。

少子高齢化のまま、未婚化が進行すると当然のごとく、跡継ぎ不足の問題が生じます。

そうなると、ゆくゆくは既存のお墓をどうするかについて考えていかなくてはなりません。

加えて、今後年齢を重ねた時のことを見据えるということも必要になってきます。

お墓参りに行くことが大変になったり、急にお墓参りに行かれなくなる可能性も念頭においておかなければいけません。

では、お墓の今後はどのようにすればいいか?と考えたときに、皆様はどうお考えになるでしょうか。

既存のお墓がある方と、まだお墓を購入されていない方では、話の趣旨が違うのではないかと思われるかもしれません。

ですが、先程も述べた通り、現代のお墓事情は約30年前とはだいぶ異なってきているのです。

まず、ここ数年でお墓そのものが現代人のニーズに合わせて多様化したことがあげられます。

言うなれば、以前は購入して継承していくものがお墓というものでしたが、現代のお墓は「レンタルする」というスタイルが主流になりつつあります。

また、その中でも様々なプランが用意されており、従来のお墓の形式にこだわらない方、従来のお墓の形を少し取り入れ、墓石を建てる方など、自分自身の希望を取り入れてもらえるお墓を好む傾向に少しずつ変化していっているように感じます。

それにより、従来の日本の右に倣えの考え方から、自分自身がどうしたいかということに重点をおいた考え方へと変わり、お墓の必要性が個人差が生じてきているように感じます。

その背景には、お墓を継承していくことを前提に購入したとしても、もし後に残された家族や子供に負担を感じさせるようなことがあるならお墓の購入を控えたいという親心が見え隠れするように感じられます。

そこには、日本の景気の不安定さも相まっているように思います。

これからの日本にとって、「買う」お墓より、必要なのは、利用者の方が求めているニーズに合わせたお墓なのではないでしょうか。

もちろん、既存のお墓をこれからも大切にしていきたいと思われる方、継承者がいる方や、しきたりを重んじる方、利用者の方が満足出来るお墓であることが一番大切なことだと思っております。

あくまで、お墓を購入することは義務ではなく、借りるお墓も選択肢の1つとして加わったと思っていただけたらと思います。

「レンタルする」お墓のメリットとして、寺院や霊園の方によってご遺骨がきちんと管理されるため、お墓参りに行かずともご先祖様のご供養を安心して任せられること、更にお墓の周りが草木で荒れ果ててしまう心配もなくなります。

加えて、継承者不足の心配も不要です。

お墓を借りている期間内のご遺骨は、寺院や霊園の方によって管理され、期間終了後も(合祀※ご遺骨を他の方のご遺骨と一緒にして埋葬すること)ご遺骨をきちんと管理していただけるため、安心してご利用できるのではないでしょうか。

これこそ、利用者の方も故人の方も安心して利用出来る新しいお墓のスタイルなのではないでしょうか。

これからの時代のお墓の購入は、個人の価値観によるものが強いのではないかと感じられます。

日本人がお墓参りをすることは、自分の代まで繋げてくださったご先祖様に感謝し、敬うことと同時に、長く続くしきたりを途絶えさせまいといった、どこか古きよきを好む日本人らしさを感じさせます。

時代の移り変わりとともに、物事も変化していくものですが、自分にとって必要なものか必要でないものかは無くさないでいたいですね。


投稿日:
お電話はこちら 045-719-5455 受付時間 9:00〜18:00 FAX 045-853-1413
メールでのお問い合わせ 24時間受付
電話する
お問い合わせ