「散骨や樹木葬という供養の形」

散骨や樹木葬についてお話しています。

お彼岸やお盆等、日本人は年に何回かご先祖様を供養する機会があり、ご先祖様を敬う気持ちが高い傾向が伺えます。

近年、少子高齢化や未婚率の増加に伴い、お墓のあり方も徐々に変化してきています。

従来の日本は、お墓を生前購入することに何ら不思議ではありませんでした。

ですが将来的なお墓の維持費や、先に少しお話させていただいた少子高齢化等の問題により、お墓を購入したにも関わらず、代々引き継いでいくといったことが難しくなってきました。

ですので、近年お墓にかける費用を抑えつつも、ご先祖様の供養においては本来の意味を崩さず行える新しいお墓のスタイルが増加傾向にあります。

その例として本日お話させていただくのが、散骨や樹木葬といった供養の形です。

言ってみれば、時代に合わせたお墓の選択肢が多様化したのだと思います。

初めに樹木葬とは何か簡単にふれていきたいと思います。

まず樹木葬には、お墓のシンボルとも言える墓石がありません。

木を1本植え、それを墓石の代わりとします。

必ずしも木を植えなければいけないという決まりは無く、お花を沢山植えて洋風のガーデンの様にしてもいいとされています。

次に、永代供養(※お墓の管理者が責任を持って永代に渡り供養や管理をしてくれるというシステム)を利用していますので、継承者がいない方にも安心というわけです。

跡継ぎがいないという方や、お墓の維持費によって残された子供たちに迷惑をかけたくないと考える方にもおすすめです。

また、費用もご遺骨を埋葬するだけで済むため安く抑えられます。

シンプルかつ一般的なお墓を建てるよりもはるかに低価格なので、これから先さらに需要が伸びるだろうと予想されています。

ですが、デメリットもあります。

樹木葬のデメリットとしては、お一人の方や跡継ぎのいない方向けのものが多く、一般的なお墓に比べると安価ではありますが、利用人数が増えていくと逆に割高になるケースもありますので、注意が必要です。

ですのでご家族で利用したいと考えている方は、この点を念頭に置いておかなければいけません。

また、樹木葬は地価による価格の影響を受けますので、一等地やアクセス方法によっては金額も高くなります。

加えて、後々の変更がやや厳しいといった点もあります。

例として挙げるなら、樹木葬を選択した後に墓石を建てたいとなるとその分費用もかさみます。

後から追加できるオプションもありますが、やはり購入する前に決めておくとスムーズでしょう。

次に、散骨についてお話していきたいと思います。

散骨は、山や海にご遺骨を細かく粉砕した状態で撒くことをさします。

散骨は費用も安く抑えられるため、こちらも新しいお墓のスタイルとして少しずつ認知されるようになってきました。

散骨のメリットは、やはり費用の面が一番ではないでしょうか。

故人の方が、海がお好きで散骨をご希望されていたのでしたら、ご遺族の方は故人の方の想いを叶えてあげられたと嬉しく感じることと思います。

散骨のデメリットとしましては、事前の手続きに時間を要すること、さらに散骨を行う時間帯にも気を配らなければいけません。

というのは、船上ツアーなどが行われている時に散骨をするとなると、他の乗客の方への配慮が必要不可欠ですし、その方々に不快な想いをさせないような配慮が最も重要になります。

海で散骨を行う際には、人目の付かないところで行うのが一般的とされていますので、漁場やもし人目についてしまってクレームがおこりそうな場所は避けましょう。

そのために、散骨を行う際には、いつどこでご遺骨を撒くかということが一番の先決問題でしょう。

また、散骨は文字通りご遺骨を撒いてしまうため、手元には残りません。

ですので、その辺りもご遺族ときちんと話し合っておく必要があります。

散骨でも、全部撒かずにご遺骨の一部を残しておく方法もとれますので、ご遺族の方全員が納得いく方法の選択が求められます。

このように、新しいスタイルのお墓として樹木葬と散骨のお話させていただきましたが、メリットとデメリットをきちんと把握しておくことに加え、事前にご自身でどのくらいリサーチできるかが鍵になってきます。

樹木葬においては、まだまだ始まってから十年程の新しい埋葬スタイルなので、多くの方に認知されるには時間がかかると思います。

今後はお墓を持つことだけに拘らず、お墓を持たない選択肢も選択肢の一つとして捉えることが、選択肢を増やすことになるのではないでしょうか。

自分自身がこれからどうしたいのか、知ること・気づくことがお墓選びの第一歩になると思っております。


投稿日:
お電話はこちら 045-719-5455 受付時間 9:00〜18:00 FAX 045-853-1413
メールでのお問い合わせ 24時間受付
電話する
お問い合わせ